不安や不満は脳の扁桃体の働き


 

不安や恐怖に反応する扁桃体の働きは、体が記憶してしまうので、不安が作り出されやすい体になってしまいます。これがトラウマのメカニズムであり、日常の小さな不安感の積み重ねでも、体は反応し続け、記憶してしまうのです。

愛着障害を持つ人は潜在的に多く、そのような人は慢性的に扁桃体が反応し続けて、コルチゾールレベルが上がっている可能性があるのです。

人は、自分らしく生きられていないとストレスを感じます。

したくもない仕事。

付き合いたくない飲み会。

好みじゃないのに、評判を気にして身につけた服装。

興味があるからではなく、将来の不安を打ち消すために習得する資格。

美味しくもないのに、健康のために摂取する食べ物。

疲れているのに、健康の為にと無理して通うジム。

 

これらは、心から好きで、したいと思っていない限り、小さな我慢であり、小さなストレスとなって、あなたに蓄積します。

 

そんな日常の些細な我慢が続くと、身体は慢性的にストレス反応を起こし、コルチゾールを分泌し続けるのです。

 

コルチゾールが分泌されると、免疫力が抑制されます。

その状態が続くと、身体の中に侵入した細菌やウイルスに抵抗できなくなったり、悪性細胞が発現しても、その増殖を抑えられず、病気になってしまいます。

 

“病は気から”というのは、あながち間違ってはいません。

不安に思うこと、嫌だと思うことを続ける限り、身体はストレス反応を起こします。

ストレスを感じ続けると、人は病気になります。

自分の人生を大切にすることが、病気にならない秘訣なのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です